スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進撃の巨人 43話感想

タイトル:「鎧の巨人」

注)「クレイモア」と「ぼくらの」という漫画の内容について触れているのでネタバレ?です。

発売から大分たったけど感想(今さら)。

ミカサ姐さん容赦なし、なんて言ったけどやはり躊躇はしていたんだな。
仲間の首を刎ねることに。

そして情を「掛けてしまった」自分の甘さに後悔してるあたり、ちゃんと人間らしい…かな。
ナチュラルに出た「二人の首をちゃんと刎ね落としていれば」という後悔の言葉にミカサらしさを感じる。
ミカサの美しさが好きだ。

ユミルがさらわれて、もう一人兵士が飲み込まれてたけどそれにも何か意味はあるのか。
あそこで「さらう」目的で飲み込むんだったらユミルだけでいいはず。けど実際はもう一人。…気になる。
そして飲み込まれたのは誰でしょう?名前も出てきてない脇キャラの兵士でしょうか。
たまたま近くにいて巻き込まれたのだとしたら不運、だけど。
あれモブリットじゃないの?という意見をよく目にするんだけど違っていてほしい(笑)
それにハンジさん一行が超大型に向かってるとこで(いける)ってモノローグ入ってるのモブリットのような気がする。
モブリットの顔はいくつかパターンがあるからわかりづらいだけで、きっと無事・・・。

しかし何気に指示を出すシーンで名前呼びされてる方々の死亡率が心配です。
ゲルガー、リーネ、ヘニング、ナナバさんに続いて、また優秀な兵士を喪うのか…

展開が読めなくなってきた…。いや元々読めなかったけど。さらに。
調査兵団が全滅してしまうとも、ライベルコンビを倒せるとも今のところ思えない。
鎧の巨人は一時的・一部だけではなく常に全身を硬化したままでいられるというかなりチート能力。
ミカサの刃もエレンの拳さえものともしないとなると、勝ち目が見えない。
アルミンとハンジさんの策士コンビがライナーこと鎧さんに立ち向かう秘策を立てられるか。

今回はエレンの心理描写が切なかった。全部ライナーに聞かせてあげたいね。いろんな意味で。

アニを女型と本心から認められなくて巨人化できなかった時は、ミカサとアルミンの命を捨てるような作戦に叩き起こされてやっと戦う覚悟が出来ていった。
「しっかりとした目的意識=相手を敵と見なして殺すことも厭わずに闘うこと」だとしたら、それは普通の人だってなかなか奮い起こせるものじゃない。特にエレンの性格からいえば。
しかも相手は知らない他人でも悪人でもない、一緒に対人格闘の訓練したあのアニなんだよ。一緒に闘った頼れる兄貴ライナーなんだよ。ベルトルトの思い出は…まぁ。

だけど今回は自ら、覚悟が固まっていったのがちゃんとわかる。
ライナーと交わしたやりとりや、彼の性格・優秀さ・仲間想いな所。ライナーを尊敬すらしていた自分にも腹を立ててしまっているようにも思える。ライナーが正義感溢れる、頼れる存在だったからこそここまで失望するんでしょう。アニの比じゃない。
「裏切りもん→クソ野郎→気持ち悪い→吐き気がする→このでけぇ害虫が!!!駆除してやんよ!!!」
もはや「駆逐」でさえないところも悲しいね。なんだろう。わかってたけど、こんな風にはなってほしくなかった…かな。

ただ救い(になるかはわからないけど)なのは、エレンは鎧さんを殺すつもりでも、鎧さんは殺さずにお持ち帰りしたいという認識の違い…かな。
でもどこかで、まだ、殺したくないと思ってるんじゃないかな。思っちゃうんじゃないかな、エレンは。

私も見たくない。

鎧さんは目と口の中が狙い目かな。でも装備最低限だから大砲の類いは持ってきてないし。
ミカサがわざと飲み込まれて内側からうなじ部分をザクッとやったら…だめかな。
そしたら惚れる。いやもう惚れてるけど。

二人の身を案じるコニー。
「あいつら立体起動装置つけてないんです」
ユミルを案じるクリスタ。
「ユミルはまだきっと、死んでいませんので、」
この二人も対称的に描かれているような気がする。顔つきも、言葉も、可能性も。
コニーは現実逃避してるようにも見えなくはない。ホントに二人が巨人化したのがわからなかったのか。
それとも巨人化をちゃんと見てたけど、母ちゃんのこともあるから考えることを放棄したのかとも。

コニーは馬鹿だ馬鹿だと言われていようと頭の中はオアエリでいっぱいなんですよ。
家族が大好きなんですよ。
ユミルと調査兵団が殺した巨人の中にサニーとマーティンもいたかもしれないんですよ。
39話の冒頭で耳たぶちぎりあってじゃれてた小さい巨人がそうなんじゃないですかね。
今となっては確認のしようも何もないけど。

化け物になった家族を見捨てられるか?
巨人になって戻らない家族を諦められるか?
愛せますかね。無理ですよ。食い殺されるよりつらいはずだ。

それとも二人の位置からは本当に何も見えなくて、急に巨人が現れたのかと思っているのか。

クリスタはユミルを信じてるし、それは生きててくれてるっていうある種の信頼にも見える。
一方的に助けたい、じゃなくて私を置いて死ぬはずがない。ユミルはそんなに弱くない、そんな目をしてる、ような気がする。コニーの目つきとは対称的。

今度はクリスタが助ける番なんだと思う、直接闘えなくても、精神的な意味で。
愛情の種類はわからないけど、ユミルに命懸けで想われて、色々ふっきれたクリスタだからこそ。

…ちなみにヒストリア・レイスとクリスタ・レンズは、アルファベットにしたらアナグラムになってるんじゃないかと思って試行錯誤したけど、なかなか出来ない。ちょっと綴りがわからない。

Historia Race
Christa Rens?
うーん…イマイチ(´-ω-`)?
誰か教えて下さい

そしてたくさんたくさん死人が結構出そう。
そしたらそれこそもう、ライナーたちはホントのホントに許されない存在になる。まさに目の前で。
すでに兵士1人とユミルを飲み込んだことで、アルミンに信じられない、という目で見られているし。

今回は我らが分隊長の活躍が見れた!ハンジさんの戦闘シーン!!何気にこう、ちゃんとしたのは初!
ネタキャラ要員のようであって、34話まであまりシリアスな描写はされていなかった彼女ですが。
34話からずっとハンジ分隊長のターン!
かっこいい、美人、強い、冷静な判断力、指揮統率力、横顔の美しさ、正面顔の唇の色っぽさ、風になびく黒髪。
どれをとっても最高です。

「どうもしない、待つんだ」「待ち構えてそこを狙うまでだ」「殺せ、躊躇うな」
これらのコマがとてもいい表情だと思う。男っぽい口調にこの顔で表情。ギャップ萌えというのはハンジさんのこと…!

でも巨大樹の森で団長に「どうしてリヴァイに刃を補充させたの?」のコマとか何気に女性らしいと思うのですよ。
もちろんその前に女型に群がる巨人駆逐を諦めて、ゴーグル外して汗かいてる表情も大変いいのですがあの小さいコマのちょっとした女性らしい顔が私は好きです。

でもその、あんまり活躍しすぎないでね、ハンジさん…。
良くないフラグとかがその。アレなので。

それからライナーとベルトルトの年齢疑惑について。
(※ライナーが15歳に見えないからとかでは決してない。)

気になっていたのは七巻で団長と私のハンジさんが
「熟練度の高い知性巨人は立体起動装置を使って中身だけ逃げることが可能だった」という話をしていたこと。
エレン達が訓練兵として闘った時の襲撃時ならともかく、五年前のエレンのお母さんが殺された時に襲撃してきた超大型巨人もベルトルトだとしたら、(恐らく)同い年であるはずの彼らは10歳の身で立体起動装置を使いこなしていたことになる。

疑問点はふたつ、
「それは可能なのか」
「だとしたらどこでその技術を身に着けたのか」。
可能なのかということはわからないけど、実際に姿勢制御の訓練でエレンがジャンとコニーの脳内快適コンビに馬鹿にされた後、「他にうまいって言われてるのはあの二人だよ」とマルコに指されたのがライベルコンビ。
偶然とは思えない。

身に付けたのは「故郷」かな。
同じ文明水準の人間たちの集落があって、それはエレンたちの壁内のコミュニティとほとんど同じで。
で、ライナーたちもそっちではエレンみたいな存在で、別勢力と闘うスパイとして来ていた。

だとしたらどうして潰しあってるのか。

こっちの世界はただの実験場で、壁外には巨人の食人行為を観察する組織がある、とかだったら「クレイモア」って漫画の設定に似てる。あの壁の中は実験場で、そこに暮らすエレン達はモルモットで、全滅してもそれは単なる実験結果で。

もしくは同じ文明水準の集落が増えてしまって、潰しあって減らさなければいけない。
「ぼくらの」って漫画では平行宇宙間の限界によってパラレルワールド相手に、自分たちの地球の消滅をかけてお互いの代表が殺し合う。負けた瞬間、敗者側の地球は消える。勝っても一戦ごとに代表者は死ぬ。代表者の命が一戦ごとにガソリンのように消費される。代表者は子供が好ましい。自分が死んだあとの世界を守る為にひたすら戦う。

「巨人は南から現れる」というのも無関係ではないと思うので、南にそういう敵対勢力があるんですかね。


それから「戦士」ってなんでしょう。

今まで折に触れてキーワードのように出てきた「戦士」という言葉。

アニの言う「なり損ねた」戦士
ベルトルトの言う「昔のライナー」を指す戦士
ライナーの言う「果たすべき責任がある」戦士

戦士と兵士。何が違うのか。この三人が掲げる目的はなんだろう。

「巨人化できる人間を探して故郷に連れていくか壁内の人類を全滅させる」という所でしょうか。
因果関係が全くわからない。

ライナー達は始め、巨人体から出てくるエレンを直に見、助けようとまで言った。

それらの言葉に特別な意味があるとしたら、訓練兵時代の対人格闘の時間に交わされたライナーとエレンの会話にもあった。「兵士としての責任だと思う。」という台詞の意味や重みも違ってくる。

単行本10巻に収録される話のタイトルが↓こうなのも気になる。すごく気になる。

39話:兵士
40話:ユミル
41話:ヒストリア
42話:戦士

兵士と戦士がユミルとヒストリアをサンドイッチ。
早く目次が見たい。またタイトル変わってないといいんだけど…。

…そういえばぺトラさんやリヴァイ班、その他の調査兵団の兵士たちが死んでからまだ数日しか経っていないんだったなと思い出し。今もあの森に遺体が転がっていて樹に貼り付いていて、そのままあの場所で朽ちていくのかな、なんて思うと切なくなる。

考えるのをやめるんだ。

進撃は一話読むごとに色々考えてしまって頭の中が大変なので、こうして文章にして追い出しているので今はけっこうすっきりした気分。

毎度のことですが感想やら考察やら私と語ってくれるお優しい方は、コメント欄かHPのBBSとか来てくださるととても嬉しいです。メッセとかでも大興奮です。コメント乞食よくないよ。でもなんか語りたい…

ハンジさん

はんじさん結婚したい…!

ライナー

ライナーの老けg…

あに

アニちゃん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

せなるさん!

こんにちは、コメントありがとうございます!
もうすぐ色々と発売ですね!進撃中のコミックスも出るとか?
アニメも始まるし、盛り上がってきましたね(*・ω・*)

そうですね、過去にベルトルさんのお仲間を喰らってしまったのは、ほぼ確実にユミルでしょうし…。
復讐で飲んだとするなら、殺すつもり、とお考えでしょうか…。

故郷に「持ち帰る」為に必要な捕え方が女型さんとは違っただけという可能性もあるかなぁ、なんて。
でもここで復讐という私情に走るのも15歳らしくていいかも。

とはいえ我らがユミルに何をするんだ!というのは同じ気持ちです(笑)

コニーとクリスタは、クリスタ覚醒時くらいから対称的に描かれていたような気がします…。

No title

ついに続き来週見れますし、コミックも発売ですね。

ユミルを飲み込んだのは復讐って可能性も考えられなくはないかなって私は思っています。ほら、ユミルっぽい巨人にベルトルさん仲間(?)食われてるし(・ω・`)
もう一人一般兵士を飲み込んだのは理由不明ですが…一人でも敵を減らすという意味ならあるいは…

コニーとクリスタの表情が正反対と言われてみればなるほどと納得したというか腑に落ちました。

次回もたのしみですね!?
プロフィール

のいず 

Author:のいず 
進撃の巨人別マガ派です。

拍手くれる方ありがとうございます…!
励みになりますです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。